サラリーマンも厳しい時代になりました。


by lloleibnep

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 子ども手当支給にちなみ、石川県能美市は来月から、同市の「いしかわ動物園」のトキのひなに、手当と同額の1万3000円分のドジョウ(約4キロ)を“支給”する。

【トキの天敵?】ケージに侵入のテン、映像公開

 国の分散飼育策で今年1月、佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)から2組のトキが移された。これまで計19個の卵を産んで8羽がかえり、動物園はベビーラッシュに沸く。

 お祝いを兼ねたはからいだが、トキは2カ月ほどで「大人」になるため、支給は8月までの3カ月間限定。子ども手当の財源に苦慮する政府にはうらやましい?【松井豊】

【関連ニュース】
【放鳥トキに繁殖は難しい?】卵を巣から捨てるトキ動画
【写真特集】トキ:放鳥から半年…7羽、たくましく越冬(09年3月)
【関連記事】トキ:佐渡から「分散飼育」のひなかえる いしかわ動物園
【関連写真特集】毎日動物園・鳥類別館

パラ五輪で金5個の河合氏「みんな」から出馬…二刀流には「NO」(スポーツ報知)
歩行者天国、7月にも再開=無差別殺傷事件から2年―東京・秋葉原(時事通信)
ヒグマに襲われた?山林に70歳代の男性遺体(読売新聞)
<毎日書道展>鑑別審査始まる 総出品数は3万点余(毎日新聞)
女性アナ派遣見送り サッカー南アW杯(産経新聞)
[PR]
by lloleibnep | 2010-05-28 00:39
 “水メジャー”に東京都と国がタッグで挑戦−。都の猪瀬直樹副知事は17日、都庁で渡辺周総務副大臣と会談し、都が目指す水道事業の海外展開について、国と協力して進めることで一致した。国は6月に発表する「新成長戦略」に盛り込み、都と手を携えて100兆円市場とも試算される国際水ビジネスに打って出る方針だ。

 近年、アジアやアフリカでは、工業化や人口爆発により水需要が急増。ところが、日本では歴史的に自治体が水道事業を担ってきたため、海外の水道事業に対し政府開発援助(ODA)による無償の技術支援が中心で、ビジネス感覚に乏しいのが実情だった。

 日本最大の水道局を有する都は、漏水率がわずか3%という技術力や、精密な課金システムを持つ。都は4月、ロンドンやパリの約20%の漏水率と比して誇れるこうした技術力を背景に、国際水ビジネスに参入する方針を打ち出し、民間企業などからヒアリング調査を始めた。

 石原慎太郎知事も4月の記者会見で、千葉県の手賀沼の浄水事業を仏企業が落札したことに「フランスごときがしゃしゃり出て、こしゃくな話。こんなの東京ですぐにできた」と述べた上で、「日本人はセールスがだめ。水は今後、決定的なものになる」との認識を示している。

 しかし、地方自治体が仏のヴェオリアやスエズ、英のテムズ・ウォーターの“水ビジネス3大メジャー”などに対抗していくには国の支援が不可欠。一方、財政が苦しい国も、都の水道事業の海外展開を支援し、収益を国費の一部に充てたい考えで、両者の思惑が一致した格好だ。

 猪瀬副知事は会談で、国が水道事業の海外展開をする上で、関係省庁が総務省や経済産業省、外務省など5つの省にまたがることを不安視。「民主党は縦割り行政をなくすと言いながら、皆自分ががやると言い張っている。“おれ割り”だ」と指摘。「総務省がとりまとめ、内閣の方針として東京をバックアップしてほしい」とクギを刺した。

 一方、渡辺副大臣は、3月に関係省庁の副大臣と政務官からなる検討チームを立ち上げたことを明らかにした上で、「自治体のストック(資産)を活用する話なので、総務省が責任を持って対応する。トラスト・ミーとしかいえない…」と話していた。

【関連記事】
三菱商事・産業革新機構など豪社買収 官民連携で水ビジネス展開
東京の「水」売り込め! 国際市場参戦へ
海外の水道事業受注を支援 産業革新機構と都水道局がタッグ
地球に優しい?それともただのケチ?「水道男子」増殖ワケ
2025年にシェア6% 水ビジネス海外市場で報告書案
中国が優等生路線に?

<民主党>企業・団体献金「党本部」禁止触れず(毎日新聞)
女児の裸を団地でカメラ撮影、容疑の男逮捕(産経新聞)
後発品大手2社、今年度予想は2ケタ台の増収・増益(医療介護CBニュース)
B型肝炎訴訟、国側が和解協議入り表明(読売新聞)
<展覧会>「語りかける風景」展 東京・渋谷で開幕(毎日新聞)
[PR]
by lloleibnep | 2010-05-19 10:15
 劇団四季のミュージカル「エビータ」が8日、福岡シティ劇場(福岡市博多区)で千秋楽を迎え、14年間の常設公演に幕を降ろした。カーテンコールでは観客が総立ちで別れを惜しんだ。来年以降は年3〜4カ月の公演が検討されている。

 「エビータ」は元アルゼンチン大統領夫人の半生を描いた人気演目。4月29日が初日で、入場率は85.7%だった。来場した福岡市早良区の会社員、村瀬愛さん(28)は「通年興行がなくなるのはすごく残念。今後も公演があれば足を運びたい」と話した。

 同劇場は四季専用として96年、商業施設「キャナルシティ博多」内に開業。延べ35作を上演、約336万人を動員した。四季の吉田智誉樹(ちよき)取締役は「これで福岡撤退とは考えていない。今後も年に一定期間、公演ができるよう努力したい」と話した。【渡辺亮一】

【関連ニュース】
第33回 ミュージカル初体験なら「サウンド・オブ・ミュージック」!
旧広島市民球場:劇場大型化で「中堅後方」保存案に変更−−市、一塁側から /広島
劇団四季:「マンマ・ミーア」 10月から仙台公演 /宮城
劇団四季:「キャッツ」日本公演、通算7486回に 米ブロードウェー上回る
マリア:「“救世主”のような曲に」絢香生んだ音楽塾からデビュー

支持率低下「普天間も要因」=鳩山首相(時事通信)
<掘り出しニュース>「堀部安兵衛」「大石内蔵助」−−小学校階段に赤穂義士の名前(毎日新聞)
格安宿泊・金利優遇…「子ども手当」商魂過熱(読売新聞)
普天間、決着先送りに言及=官房長官(時事通信)
普天間問題 首相「徳之島」固執の根拠 防衛利用で覚書 返還時(産経新聞)
[PR]
by lloleibnep | 2010-05-12 10:08